--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/03(金) 06:45:00 [国際時事(注意報)]

20121210008
武力侵略国家中国の現実

   【読者】 社民党を始め、進歩的文化人は憲法9条で日本を守れると言います。本気でしょうか。1988年と言えば20世紀も後半の平和な時代です。その平和な時代に中国はベトナムを侵略し、ベトナム領の島を武力で奪いました。

20130503001
動画 【明日の尖閣】「日本では報道されていない・中国海軍の虐殺」 (解説文)「 中国海軍の犯罪の証拠 地下資源欲しさの末は。チュオンサ諸島における虐殺=交戦ではありません!中国軍によ-る一方的な惨殺です。 尖閣諸島も油断できません!」。
-------

   相手に力がなければ中国は平気で武力を行使します。憲法9条を支持する人に是非下記の動画を見ていただきたいと思います。そして、尖閣で同じことが起きないようにするためにはどうすれば良いか真剣に考えて欲しいと思います。

(以上、読者よりいただいたご投稿より)
----------

尖閣諸島の明日と隣合わせの現実

 貴重なご投稿に感謝します。ベトナム領「チュオンサ諸島」への侵攻と虐殺。中国共産党は、表向きの“外交”上の「平和」「友好」偽装の下でこうした侵略を重ねて来ました。まさに、沖縄県尖閣諸島の明日と隣合わせの現実と謂えるのではないでしょうか。

 侵略から先祖代々の日本を護るため、読者がご指摘の通り、メディアがさして報じて来なかった現実を、一つ一つ点検・確認して行く必要が有ります。

(以上、島津義広より)
----------


日本は毅然とあれ! 

20130502009                                   
路傍の壁紙(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!

http://blog.with2.net/link.php?1627008
----------

【侵略から日本を護ろう!】と思われる方はクリックを!↓
20121210008


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。