2013/03/16(土) 22:45:00 [メディア報道の闇]

20121210008
ニュースレビュー
“良識の府”の「宿便」諸氏

20130316012
参院選予測 大物21人落選危機
 今後の参考のため、興味深いタブロイド紙面をクリップさせていただく。夕刊フジ 平成25年3月13日 記事(切り抜き)購入紙面(1面)より「個」の日記の資料として参照
----------

“良識の府”とは謂え

 目についた情報をクリップしておく。その一環に過ぎないが、日刊ゲンダイよりは幾分か“ベター”かと。そう映る「夕刊フジ」の紙面(3月13日号)については、今後への、何らかのご参考としていただけるのかもしれない。

 紙面は、今夏(7月)の参院選へ向けて「当落線上」、または「劣勢」とみなした現職議員、衆院選選外からの鞍替え候補者のリストを掲載している。“良識の府”とは謂え、果たしてその「府」に相応しい存在なのか、どうかと。問われる議員が少なくない。
----------

良識の府の「宿便」議員諸氏

 たとえば、「韓国での反日デモに参加した岡崎トミ子元国家公安委員長(宮城)と、「素人」批判を受けた一川保夫元防衛省(石川)が「劣勢だ」(紙面)と。他、国会会期中に愛する韓国(南朝鮮)へこっそりと帰っておられた辻泰弘元厚労副大臣。ならびに、朝鮮総連との浅からぬ関係に有り、当ブログが闇法案と指摘して来た「外国人参政権(永住外国人への地方参政権付与)法案」や「人権侵害救済法案」などの推進者であり、戸籍廃止議連の中心者である川上義博前首相補佐官も「劣勢」(同)としている。

20130316013
「落選危機がささやかれる21人」(同上)
-------

 さらに、「07年参院選で敗北した安倍首相に退陣要求を突き付け、09年衆院選で自民党が下野してから離党するなど、評判は悪い」としている自見庄三郎氏(国民新党代表)が「劣勢」。小沢一郎氏の腹心・森裕子氏(生活の党代表代行)が「当落線上」。また、「劣勢」の中には鹿児島の赤恥・横峯良郎氏(新党大地)の芳名も拝見できる。“良識の府”の「宿便」とも指摘すべき議員諸氏であり、良識のみなさまの厳しい「一票」の力で選外、引退へと導いていただきたく思う。
----------

惜しい存在も

 但し、個人的に「惜しい」と拝察できる議員の芳名も若干だが散見できる。国民新党時代に亀井靜香氏と共に闇法案に反対して来られた亀井亜紀子氏(みどりの党幹事長)や、自らの命の危機と闘いながら議員を務めておられ、信条の違いこそあれども「尊敬すべき存在」と。当ブログでも以前紹介させていただいたことがあった川田龍平氏(みんなの党)の二氏だ。

 特に、なぜ、亀井亜紀子氏が「みどりの党」におられるのか、頭が悪い筆者にはよく分からない状況だが。選挙の行方も読めないがご健闘をお祈りしたい。その一方で、国思う議員の中山恭子氏の再選や、赤池誠章氏らの参議院からの議員復帰を切に願う。

 あと「120日」ほどとは謂え、いつ、どう変化するかも分からない支持率“報道”の動向を含め、安直な先読みも楽観も許されない状況かと思う。良識有権者が心底納得し得る参院選の「結果」であってほしい。こう強く願う一人である。

平成25年3月16日
----------

■ 主な関連稿

さらば、自見庄三郎殿 2013/03/08(
----------

【筆者記】

 手元に題材が在りながら、更新していない事柄が随分と溜まって来た。文字を幾分かずつでも追えるようになってから、「レビュー」としてメモを更新したい。
----------

 みなさまには、ご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。応援くださるみなさまに心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!             

20130316006             
路傍にて(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!

http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【参考になった!】と応援くださる方はクリックを!↓
20121210008 

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら