2012/12/14(金) 14:35:00 [路傍の街角から]

20121210008   

「エ~ン~ピ~ツ持ったら未来の党」と

 【読者】 国民を馬鹿にしていると言えば、先日テレビから唄が聞こえできて、画面を見るとあの嘉田氏だった。「エ~ン~ピ~ツ持ったら未来の党」有権者は幼児じゃないです!

(以上、読者よりいただいたご投稿(10日)より)
----------

驚きました

 この10日にいただいていた貴重なご投稿ですが、「エ~ン~ピ~ツ持ったら」については、ここ数年、テレビを所持しないようにして来た身にとっては「まさか」とも思えました。まさか、国庫から助成金を受ける政党がそのような宣伝をすれば、ご指摘の通り有権者を小莫迦にしているとしか謂ようがなく、その内容を確認したい一つでした。

 本日、たまたまの通りすがりでしたが、その「未来の党」は何とご指摘のキャッチフレーズで選挙活動をしていることを目の当たりにでき、あらためて驚きました。

20121214003
路傍にて(筆者)
----------

もう一つの驚き

 もう一つの驚きは、あえて詳しく書きませんが、ポスターとは余りにも異なる点です。独断勝手ながら、社会病理学の視点から、ポスターと実物との「差分」については政治家の中身の有無を測る一つの目安にしています。言い換えれば、「朝鮮人民主党」に典型的なように、印象付け、イメージの植え付けが先行する議員(または候補者)ほど、しかし、実体的には「国益に資する」べき中身が乏しい。つまり上記の視点で「差分」が大きいほど、候補者の中身を確かめた方が良い。そう考察する次第です。
----------

イメージ造りやパフォーマンスに騙されない「一票」を

 政党で謂えば。イメージの植え付けや上記の小莫迦宣伝に選挙活動を費やす「未来の党」もそれに該当する典型的な一つであると。あらためてこう実感しました。たとえば、まだしも亀井静香氏はポスターと実物とを比べてもあまり変わらない。安倍総裁などは、むしろ、ポスターより実物の方が生き生きしておられる。

 イメージ造りはそもそも「あちら系」のみなさんの国技ですね。旧来の読者のみなさまは重々ご存知のことかと拝察しますが。ともあれ、イメージ造りやパフォーマンスに騙されない一票を、政策につ投じる一票をと。この問いかけをあらためてさせていただきたく思いました。
----------

アンケートを実施中

 本当に、「10年で脱原発をできるのですか?」と問うても、「出来ると思います」。「信じてください」。「みなさんが信じれば、きっと実現できますよ」では、オカルト教団の勧誘と同じです。

ここでもう一度、関連アンケートを掲載させていただきますので、未投票のみなさまにはご参加を是非お願いし、有権者のみなさまのご参考の一つとしていただければ幸いです。
----------

日本未来の党の「10年で原発ゼロ」の公約を信用できますか?


アンケート
-------

「日本未来の党」を信用できますか?


アンケート
----------

▼ 国思うアンケート各種:

国思うアンケート」のカテゴリー
---------- 

  読者のみなさまには、ご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。国害と指摘すべき事柄に取り組み、日本に真に在るべき政権実現を願って邁進する当ブログへの応援をお願いし、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!   

20121214004   
路傍にて(筆者)
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【先祖代々の敷島を護る「一票」を!】 と思われる方はクリックを! ↓   
 baner20121001

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら