2012/10/11(木) 21:40:00 [メディア報道の闇]

20120917007 

「女性宮家」に関する日本テレビの偏向報道

 【読者】 はじめまして。「女性宮家」に関して、日本テレビの捏造が疑われるニュースがありました。私は10/9のニュースzeroで見ましたが、他番組でも使いまわされているようです。宮内庁前長官「女性宮家」創設議論に期待感(Web)  羽毛田前長官は「女性宮家」に積極的とされていますが、インタビュー中には「じ」の字も出てきません。皇統に対する懸念を表明しているだけです。にも関わらず、日テレは上記のようなタイトルで報道しています。視聴者をミスリードするのが目的と思われ、抗議すべき内容と思われましたので、コメントさせていただきました。

(以上、読者よりいただいた投稿(11日)より)
----------

「女性宮家」とは一言も発していない前長官

 「女性宮家」創設へ世論を誘導するかの報道(日本テレビ)が有った。当該のニュース動画(録画)の中で拝見する限り、読者が英邁にご指摘の通り、羽毛田宮内庁前長官は「皇統」に対する懸念を述べられているのみです。しかしながら、「宮内庁前長官「女性宮家」創設議論に期待感」とのテロップのもとに、あたかも前長官が「女性宮家」創設への議論の進展に期待しておられるかの「報道」になっています。

20121011008  
ニュース動画Web)
--------

 明らかに、前長官という社会的立場に在る方を利用したかの「(世論)誘導」とみなして差し支えないと考えます。テレビ報道は、一度に少なくとも数百万人、ひいては数千万人の視聴者が観ます。そこで、強引なまでのテロップとアナウンサーの巧みな語り口で「インタビュー」では「こう言っていた」という情報加工が出来上がってしまう。

 たとえば、そんなことを語ったつもりはなかったのに、とインタビューを受けた自民党議員諸氏が、その取材をしたはずの側の朝日新聞らに「発言」をとんでもない内容へと加工されて書かれていた(要旨)等の事例をよく耳にしますが、最初から「報道方針ありき」であるかの、メディアのそうしたスタンスは本来あるべき「公器」のものとは到底謂えません。

 こうした当該の番組についても、ダウンロード可能な在り処をご存知の方がおられれば、お知らせいただければと思います。
-----------

旧皇族方の復帰の選択肢には微塵も触れず

 羽毛田前長官が議論有るべしとされている中には、当然、最も可能な選択肢として、旧宮家方々の皇族復帰が有ろうかと拝察します。しかし、このニュースでは微塵も触れていない。そればかりか、皇太子殿下、雅子妃殿下、愛子内親王の映像を背景に配して“ニュース”を進行しています。世論誘導のためのイメージの植え付けと謂って過言ではないでしょう。

 テレビは特に要注意ですね。現在、ライブラリー化を進めているところです。みなさまの情報をお待ちしています。宜しくお願いします。

(以上、博士の独り言より)
----------

■ 主な関連記事:

「女性宮家」創出“議論”に終止符を 2012/10/10
----------

 読者のみなさまには、ご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。切に安倍総理の早期誕生を願い、強い日本、豊かな日本、日本人が誇りを持てる毅然とした日本を、との針路を国思うみなさまと共有させていただきつつ、身近に可能なことを進めて行きたく思います。一人でも多くの方にこの問いかけを。大したブログではありませんが、大事な時に、一つでも目立つ位置に上げてやっていただければ有り難く存じます。応援くださるみなさまに心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ! 

20121011009  
路傍にて(筆者)
----------

人気ブログランキング↓
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【「女性宮家」創出議論には反対!】 と思われる方はクリックを! ↓    
 
baner20121001

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら