--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/16(日) 12:05:00 [カルト対策]

20120818002 



苛烈増す、支那の毀日暴動

20120916001 
工場放火・店舗略奪…中国デモ、日系企業襲う
   【青島(中国山東省)=竹内誠一郎、北京=幸内康】日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議するデモは15日、中国の40都市以上に拡大し、数万人が参加した。読売新聞Web) 平成24年9月16日付記事より参照のため抜粋引用/写真は「池田大作と中国展」に並んだ欲深な「陳列物」と報じた週刊新潮記事(切り抜き) 平成22年12月9日号(誌面P130)より日記の参照資料として引用
----------

苛烈増す支那の毀日暴動

 表題に参照する紙面(読売新聞)は、「日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議するデモは」として、この15日には、「中国の40都市以上に拡大し、数万人が参加した」と報じう記事である。日本大使館前(北京)では、「デモ参加者約1万人の一部が侵入を図って武装警察と衝突した」として、他、「山東省青島ではパナソニックグループなど日系企業の工場やトヨタ自動車の販売店が暴徒化したデモ隊に放火された」と。続けて「湖南省長沙など少なくとも4都市では、日系スーパーや日本料理店に対する破壊行為も相次いだ」としている。

20120916002
読売新聞Web) 平成24年9月16日付記事より
-------

 他の報道では、この16日はさらに暴動の規模が膨れ上がる可能性が示唆されており、日本人が宿泊しているとみられるホテルや日本人学校、他、日本関連の施設などへの拡大が懸念されている。いわば、支那国内で参加者を募っての暴動は、その規模の拡大と共に、「日本人狩り」へと尖鋭化するかの段階に入って来た。
----------

さらなる拡大懸念と現政府の無策・無対応

 紙面は、さらに、「1日の反日活動としては、1972年の日中国交正常化以来、過去最大規模。インターネットでは、16日と、満州事変(1931年)の発端となった柳条湖事件が起きた日の18日にもデモが呼びかけられており、さらに拡大する恐れがある」と指摘している。紙面の指摘が的を射ているものとすれば、日本人に犠牲者が出る可能性は否定できまい。

 支那(China)と謂う「外国」においても、日本人の安全と命と財産を保護すべき基本使命が現政府にも有るはずだ。だが、蛮国さながらの大暴動の前に、日本人が「ほったらかし」同然の状態に在ることに危惧を覚えてならない一人である。東日本大震災の時が思い起こされてならない。当時の首相(菅直人氏)は、国家非常事態宣言さえ発することなく、通常法での対処できるかのように安直に構えがたために、凄惨な人災がみるみる拡大したのであった。

 今般も、外国での事件とは謂え、もしも、日本人犠牲者が出るようなことがあれば、こうした有事にも無策・無対応に過ぎようとするかの政府による人災とみなしてよい。己の延命には細心の注意と迅速な行動を謀る輩が、国民の安全、生命に関わることにはここでも「無関心」なのかもしれない。国と国民を守るどころか、その正逆の亡国組織とみなしてよい。
----------

「中国を愛する池田センセイ」、出番ですよ

 表題に参照する誌面の方は、「「池田大作と中国展」に並んだ欲深な「陳列物」」と報じた新潮誌面(平成24年12月9日号)である。「尖閣諸島沖の漁船衝突事件から嫌中ムード溢れる日本で、「中国が相互理解のために選んだのが池田センセイってわけだ」(誌面)、と揶揄気味に、支那の公的施設「東京中国文化センター(虎ノ門)」で開催した「池田大作と中国展」(同年11月21日~12月12日)の内容を報じている。

 会場では「池田コレクション」が展示され、創価学会への「礼賛のオンパレードで、国交回復はセンセイ一人で成し遂げられたかのよう。だから、中国が贈った称号は全部で117個(台湾を含む)もある」(誌面)と。支那からの数々の称号が陳列されていたとのこと。これらが支那から授与のその実態は、いわば、会員からの集財をもとにした寄付、寄贈への領収証、受領証代わりとみなして良のだが。それでも「池田センセイはすごい」と仰る教団信者のみなさんや、創価権益に籠絡された一部の識者、メディアのみなさんには、それらは「いざと謂う時に、その真価が問われるものである」ということを問わせていただきたい。

 尖閣諸島沖事件で「支那様」が頼りにした「池田センセイ」ならばである。まして“宗教”指導者を“自認”なさるのであれば、未だ存命されているのかどうかは定かではないが、現在のような、日本人を標的にした暴動が拡大しつつあるこういう時こそ、たとえば、ローマ法王のようにその現地へ出向き、暴動の中に割って入るかにように、お得意の“対話”を以ってして鎮静化に当るべきではないのか。化けの皮はとうに剥げているが、ここに一言クリップさせていただきたい。
----------

■ 主な関連記事:

創価学会の侵略 2012/05/25 
-------

▼ 日台の敵「創価学会」

日台の離反を懸念 2012/03/19 
----------

【筆者記】

 チベットで惨劇が起きても「知らん顔」。ウィグルの惨劇を伝えにラビア・カーディル氏が来日されても「知らん顔」。そればかりか、加害者の中国共産党政府の要員と何時も「密やかな交流」ばかりでは、もう“宗教”者として話にならんでしょう。日頃の宣伝の「真価」は、いざという時に問われる。この視座は、カルト教団の峻別にも役立ちそうだ。
----------

日本は毅然とあれ! 

20120916003 
路傍にて(筆者)
----------

人気ブログランキング↓
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【支那暴動を鎮めてみせよ、創価学会!】 と思われる方はクリックを!
20120818003 

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。