2012/09/09(日) 12:20:00 [ドットCOM殿式]

20120818002 



国家転覆の両氏か

 大前氏は著書(「世界の見方・考え方」講談社1991年)で「竹島はいっそのこと爆破して水面下に消してしまったらいい(17頁)」「日本の天皇家は朝鮮半島から出た分家であると理解し、そのことにプライドを持っている。日本のなかに朝鮮半島渡来説があるばかりでなく、韓国でも同様に考えられている(112頁)」など皇室への捏造史観や敷島の民を愚弄した発言(Web)が目立つ御仁です。

 何より新自由主義を標榜しているので「いちばん重要なのは、中央集権というものを終わらせることである。・・・アジアでもFTAをやるのだという明確な方向を国民の前に提示し、・・・リーダーシップをふるってもらうことが必要だ。これが中央集権国家としての日本政府最後の”お務め”ということになる。(305~306頁)」と特亜贔屓からくるFTAやTPP推進をさせたうえで道州制を隠れ蓑に国家転覆をさせる腹積もりのようです。

 また橋下氏も一生使いきりプランなる国家資本主義的新自由主義な律令制(班田収授法)擬きの政策により農業や伝統産業、中小企業を壊滅させるつもりです。日本企業の97%は中小企業で家族経営も多いので打撃が大きいです。文楽への考えから察するに日本文化を抹殺したいのでしょう。

 日本社会が壊滅した暁には外国人大量流入(橋下氏の出自である同和の優遇も?)が予想され、大前氏も先に述べた著書(242~244頁)でもそうなるのを希望する旨を書いています。今の民主党と同等もしくはそれ以上の惨状が目に見えて非常に危険ですね。

(以上、読者から頂戴した投稿(9月8日)より)
----------

「あの人は日本人か?」

 以前、研究者の一人として訪米していた時期に、日本をよく知る識者の一人から「ケンイチ・オオマエは日本人か? この人は大丈夫なの?」との問いをもらったことがありました。ケンブリッジ(マサチューセッツ州)でのことです。

 何故、そのようなご質問を、と尋ねると、米国へ来て、「彼は南朝鮮 (South Korea)のロビー活動家と同じようなことを云っているからだ」とのことでした。たとえば、竹島を爆破してしまえという以前からの“持論”も、かつての朴正煕氏(南朝鮮元大統領)や在日コリアンの一部とその発想を同じくするもので、よく観ておられるな、と感心した記憶が有ります。

 読者がご指摘のように、陛下が外交謝辞の意味から下賜されたほんの一言を、大前氏も針小棒大に拡大解釈して南朝鮮の宣伝と同じことを云い、また自著に書く。これもまた、上述の識者が、鋭く指摘された「南朝鮮のロビー活動家さながら」の一つではないかと思います。そのコピーの橋下徹氏も、その「さながら」の新種と指摘できるのではないでしょうか。
----------

「道州院」へ「亜」の地方参政権

 両氏に共通している点は日本人に厳しく、しかし、在日「亜」の民や解放同盟の病巣にメスを入れるスタンスがまったく観られないことです。いわば、南北朝鮮と同じ「道州制」を底に敷いたの特区構想などには「日本人に対しては過酷に」、しかし、「在日や特定団体には優しく」とのスタンスが丸見えです。

 たとえば、「地方分権」に向けてとして、「参院を廃止し、地方の首長が参加する「道州院」の二院制にする」とする政権公約も、仮に、橋下氏が賛同しておられる「外国人参政権」がいざ法制化となった後、要求、また要求を重ねる「亜」民の病理からすれば、さらに被参政権を要求して来ることは火を観るより明らかです。それらがもしも現実となった場合、在日外国籍者の“政治参加”が地方議会をも飛び越えて、「道州院」を通じて国政にまでおよぶ結果を招くことなります。「日本維新の会」の政権公約は、その手引きをするに等しいですね。

(以上、博士の独り言より)
----------

■ 主な関連記事:

先人英霊に感謝と敬礼を捧ぐ 2012/08/15 
誤魔化されない、敷島人の眼力を 2012/04/06 
-------
▼ 歴史も浅い「朝鮮の真実」:
竹島「韓服ファッションショー」考 2011/10/31
----------
 
 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝します。新たな小稿をアップさせていただけたことを有難く思います。 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。応援くださるみなさまに心より感謝します。
----------
 
日本は毅然とあれ! 

20120909002 
路傍にて(筆者)
----------

【「道州制」「道州院」は日本に不要!】 と思われる方はクリックを!
20120818003 



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら