--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/23(月) 22:55:00 [国内時事]

20130527005   
河野氏とテキサス親父との
「公開討論」実現せず


20140623008 20140623009
テキサス親父「公開討論」実現せず 山口市民会館でニアミス
  慰安婦問題を悪化させた「元凶」であることが発覚した河野洋平元官房長官(77)と、慰安婦問題の真実を訴え続けている「テキサス親父」こと、米評論家のトニー・マラーノ氏(65)が21日、山口市民会館でニアミスした。河野氏を糾弾する人々が集結するなか、河野氏は人ごとのような釈明を続け、マラーノ氏は熱く事実を語った。関係者が申し入れていた2人の公開討論会は実現しなかった。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年6月24日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 平成26年6月23日、他の稿

萩生田氏「河野談話検証「世界に発信を」」考
韓国教授「日本代表ユニフォームに難癖」考
おはようございます
----------

テキサス親父との「公開討論」実現せず

 山口市民会館(6月21日)での同会場でのそれそれの講演は行われたが、賊が賊ゆえに予期はしていたこととはいえ、件の「河野談話」の当事者・河野洋平氏にトニー・マラーノ氏側から申し込んだ「公開討論」は、河野氏側の黙殺によって実現しなかった。

 それでいて、河野氏は「私が日本を貶めるわけがないじゃないですか。当時、官房長官ですよ」と。当該の講演会で「語気を強めた」(表題)としている。事実、軽々な「日韓すり合わせ」談話が日本を散々に貶めて来たからこそ、ご自身の誤謬が問われているのであって、むしろ「当時、官房長官」のお立場でこの虚偽談話を発したからこそ、ハク付けをして韓国(南朝鮮)が対日国家毀損に“利用”して来たのではないか。

 河野氏のメンタリティは、事実、信者に毒ガスを散布させたカルト教祖が「私はやってない」と嘯(うそ)いて逃亡を謀った厚顔無恥とその本質は変わらない。同じく同日(講演)で調査結果は「すべて正しい」としながらも、「私としては今回の検証チームの報告が出たことで、新たに付け加えることもなければ、差し引くこともないと考えております」となしたとされる発言は、「クロ」と出た私に対する捜査は「すべて正しい」が、私は“無実”であるとの開き直りに等しく論旨がグチャグチャである。

 たとえば、調査結果は「すべて正しい」として、ゆえに私の誤りであったと。そこで潔くされるならば「まだしも」だが。このような開き直りと証言台からの逃げの一手に資するとあれば、ご自身が貶めて来た日本と日本人に対する愚弄の上塗りではないか。売国奴は数多しと謂えども、ここまで魂胆が饐(す)え切った人物もまた希少である。
----------

「日韓関係は非常に良好だったじゃないですか」と


 紙面は、「河野氏は講演で「(談話発表の目的は)日韓関係を将来にわたって尊敬し合える間柄にする(ことだ)。考えてもみてください。河野談話以降の日韓関係は非常に良好だったじゃないですか」とも語ったが、現状認識が完全にズレている」と指摘している。その通りだ。

 島根県竹島への不法占拠を深化させる南朝鮮との、いわば領土侵略国との「関係は非常に良好だった」と謂えるのだろうか。“理由づけ”として捏造史観を持ち上げるようになり、その宣伝の格好の踏み台にもなって来た一つが「河野談話」ではないのか。その実態感覚が無かったとすれば「政治家失格」ではないのか。
----------

一方のマラーノ氏は

 当日、一方のマラーノ氏は、「隣の会場で、自身がワシントンの国立公文書館から、米軍が1944年、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問し、「慰安婦は雇用されていた」「洋服や化粧品など好きな物を買うことができた」などと記した調書を入手したことを披露」と。さらに、「自身の動画を韓国が遮断したことに触れ、同国の言論弾圧ぶりを批判した」(紙面)としている。

 さらに「注目された、河野氏との「公開討論」が実現しなかったことに、マラーノ氏は「俺は誰とでも話をするんだが…」とあきれた様子で、「過去より、今に視点を移さなければダメだ。韓国を黙らせるには、日本人同士が協力しなければダメだ」とアドバイスした」と。「ともかく、日本人が名誉や誇りを取り戻すためにも、河野氏の責任追及が不可欠だ」と紙面を結んでいる。

 米国人でありながら、事実と虚偽、堂々と卑怯との対照をここでまた一つなし遂げ、良識を激励くださったマラーノ氏に敬意を表し、今後のご活躍をお祈りしたい。「事実」とマラーノ氏を応援するため、当日、遠路より会場へ駆けつけられた皆様には「お疲れ様でしたと申し上げ、心より敬意を捧げる。
----------

■ 主な関連稿

河野談話の正体明るみに 2014/06/21 
河野談話「根底から崩壊」へ 2014/06/17  
河野談話「無実化」へ 2014/06/16 

----------
テキサス親父「談話の説明責任果たせ」 2014/06/05
テキサス親父「河野洋平氏に公開討論申し入れ」 2014/06/01
テキサス親父「行使容認は当然」 2014/05/30
テキサス親父「中国の侵略行為への対処法」 2014/05/16
テキサス親父「靖国を参拝」考 2014/05/08 
テキサス親父「オバマ大統領は勉強不足だ」考 2014/04/27 

-------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真相を掘り出し、その共有のために不可欠です。クリック応援をお願いします。辛抱強く応援くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を! 

20140623006
敷島の紫陽花(壁紙)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓河野氏の責任追及が不可欠 II!と思われる方はクリックを!  
20130527005 

スポンサーサイト

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。