--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/13(金) 22:35:00 [特亜/四亜]

20130527005   
北京の手品は
大道芸人の手品より「お粗末」

20140613006 
中国「あきれた反論」 別動画で「自衛隊機が接近」
 
中国があきれた反論を展開している。東シナ海上空で11日に発生した中国軍機による自衛隊機への異常接近に絡み、別の動画を公開して「自衛隊機が接近した」と言い張っているのだ。南シナ海で中国公船がベトナム船に体当たりしながら「相手が171回も衝突してきた」と主張したのとうり二つ。世界が、中国のウソに絶句しそうだ。
-----
 「(自衛隊機が)接近した事実はない。自衛隊機への接近に後ろめたいことがあるので、公開したのではないか」。小野寺五典防衛相は12日夜、記者団にこう語った。自らが危険な異常接近をしておきながら、「こちらが被害者だ」と抗弁する中国にウンザリした様子だった。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年6月14日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成26年6月13日、他の稿

路傍の紫陽花(平成26年)7
夕刊フジ「支那の正体」
----------

自衛隊常々の「正規行動」の証

 人民解放軍の戦闘機(2機)が、今月11日に公海上を航行中の自衛隊機(2機)に対して再び異常接近した。その異常行動をデータを背景に防衛相が発表(同日)したことに対する“反論”のつもりか。中国共産党政府<国防省)が“反論”のつもりか、“異常接近して来たのは自衛隊機”とする動画を同省のホームページに“公表”したことは読者の皆様もご存知のことかと思う。

 その様子について紙面は、「中国軍機が自衛隊機に異常接近した11日午前、逆に中国軍機を自衛隊のF15戦闘機2機が追跡し、約30メートルまで接近したとして「中国機の飛行の安全に重大な影響を及ぼした」と主張」と。「「(日本側の言い分は)いわれのない非難であり、白を黒と言いくるめるもの」と批判したのだ」としている。

 だが、「白を黒と言いくるめている」のは、己(中国共産党)の方であろう。当該動画の矛盾を小ブログからも指摘させていただいたが。紙面は、「日本側は「全く関係のない別事案の映像」(政府高官)とあきれ、小野寺氏は「通常の国際法の範囲で、安定的なスクランブル対応をしている」と、中国側に反論した」としている。

 謀略組織・中国共産党は、諸処から集めた映像、画像などストックし、自己都合のプロパガンダやブラフを放つ時に“使えそうだ”と観たものをそこから出して来て用いるわけだが、それにしてもその程度の、猫でさえそっぽを向くような“映像”しか出して来れないとは。むしろ我が国の自衛隊が国際法に抵触しない「正規行動」を常にとっている「証」と謂える。
---------

大道芸人の手品より「お粗末」

 帽子からウサギを出してみせる。そうしたタネも仕かけも見え見えの大道芸人の手品ならまだしも。事が一国の政府が「やること」とすれば、どうなのかと。北京の手品は大道芸人の手品より「お粗末」なのか、と問わざるを得ない。

 そのデタラメさについて、紙面は「南シナ海で中国公船がベトナム船に体当たりしながら「相手が171回も衝突してきた」と主張したのとうり二つ」と指摘しているが。嘘つきは朝鮮人ばかりではない、宗主国も負けてはいないぞと。これでもかと嘘を連発するぞと。伝統の“威厳”をあらたに示したものと謂えるのかもしれない。次はどのような「嘘」を出して来るか、油断はならない。
----------

福翁の先見の明が

 紙面は、「月刊中国」の発行人である鳴霞(めいか)氏」の言として、「中国共産党は上から下までウソばかり。国民をダマして政権を握っている。国民も政府の発表など99%信じていない」と。「日本人はおとなしすぎる。南京大虐殺も慰安婦20万人もウソ。『いい加減なことを言うな』『ウソをつくな』と怒り、戦わないとダメです」と語っている」と記事を結んでいる。

 我らの世代で撃退して行こう。それにしても、特亜のデタラメが明らかになるほど、福翁の先見がさらに一層の輝きを増して来る。
----------

■ 主な関連記事

中国国防相「公開映像」の矛盾 2014/06/12 
----------


国体の護持と弥栄を! 

20140612006
敷島の紫陽花(壁紙)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓脱亜を!と応援くださる方はクリックを!  
20130527005 


スポンサーサイト

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。