2014/04/25(金) 23:10:00 [明るいニュース]

 20140420003  
日本人学部長が在日理事を訴える

-------

▼ 平成26年4月25日、他の稿

第三稿 中国製「高級車窃盗ツール」考
第二稿 中共「抗日ドラマ」に日本人「有名女優」「有名男優」考
第一稿 おはようございます

----------

在日・民団系が国立大学の理事を務める「怪」

 【読者】 やはり民潭系在日の許南浩氏が問題を起こしたようですね。堪えきれずに日本人研究者が提訴しました(Web) 。

 やはり朝鮮人は「無軌道・無責任・無節操」ですね。不正論文を出したのは子飼いの朝鮮人研究者ではないでしょうか。残念ながら岡山大学は于(ウ)とか李(イ)など支那・朝鮮人の忍び小屋・ネストの類に成り下がっています。唯一まともと言われる医学部でさえ、かつて三重大学で集団強姦事件を起こして退学処分された人間を救済入学させる事をしでかしています。

 岡山大学は、孔子学院のある岡山商科大学ともども解体的出直しをしてほしいと思うほどの体たらくであり情けないです。

(以上、読者よりいただいたご投稿(25日)より)
----------

▼ ご指摘のWeb記事

20140425011
パワハラで岡山大薬学部長が提訴 理事に1千万円請求
 
岡山大の森山芳則薬学部長が25日、強い叱責や懲戒処分をするとの脅しなどのパワハラで精神的苦痛を受けたとして、大学の許南浩理事に慰謝料1千万円の支払いを求め岡山地裁に提訴した。森山氏は提訴後、記者会見し「学内の論文不正を告発しようとしたことがパワハラのきっかけだ」と説明した。
-----
 訴状によると、2012年1月、森山部長らは不正の疑いがある論文を発見。同月、別の男性教授=今年1月に岡山大を提訴=が大学の監査室に告発した。これに対し、許理事は2人を叱責したり、「大学教員に対し嫌がらせをした」との身に覚えのない理由で懲戒処分にすると脅したりしたとしている。以上、山陽新聞Web) 平成26年4月25日付記事より参照 
----------

何故、在日・民団系の人物が国立大学の要職に?

 貴重なご投稿に感謝します。上記の読者がかねてよりご指摘の通り、何故、我が国の国立大学の要職(理事)に、韓国(南朝鮮)籍者が就いているのか。その基本を問うべき次元から不可解さというか、違和感を覚えてなりません。

 不正が有って追及させない。理不尽なパワハラも厭わない。それ自体、DV(ドメスティックバイオレンス)、否、暴力性の精神疾患の大国・南朝鮮のDNAではないのかと。そう拝考し得てなりません。提訴された森山学部長には頑張っていただきたく思いますし、機会有れば、同学部長への良識皆様の激励、応援をお願いします。
----------

「何で通報した、差別か?」と

 ご指摘の記事(山陽新聞)によれば、「山大の森山芳則薬学部長が25日、強い叱責や懲戒処分をするとの脅しなどのパワハラで精神的苦痛を受けたとして、大学の許南浩理事に慰謝料1千万円の支払いを求め岡山地裁に提訴した」と。「森山氏は提訴後、記者会見し「学内の論文不正を告発しようとしたことがパワハラのきっかけだ」と説明した」と。

 「訴状によると」として、「2012年1月、森山部長らは不正の疑いがある論文を発見。同月、別の男性教授=今年1月に岡山大を提訴=が大学の監査室に告発した」と。それに対し、「許理事は2人を叱責したり、「大学教員に対し嫌がらせをした」との身に覚えのない理由で懲戒処分にすると脅したりしたとしている」としています。

 あるいは同事件もご指摘の通り、不正論文を出した当事者も“同胞”学生であった。その可能性が重々窺えます。敷島調査隊の活動でも朝鮮人不法者を通報した際に、「何で通報した、差別か?」と恫喝して来た朝鮮人がいました。表題は、そうした構図と共通しています。「じゃ、あなたも一緒に入管へお連れしようか?」と云ったら、「な…なにが入管だよ」と退散しましたが。あるいは同罪者であったのかもしれません。
----------

類似例が有れば、全国で告訴、告発を
 
 朝鮮人の悪行に泣き寝入りする時代は終わりました。そうした徒輩らは、脅せば日本人は泣き寝入りすると踏んで増長しているのです。凛として毅然と在って良い。対在日・帰化系ストーカーや変質者の場合も、対朝鮮系カルトの場合も、また、対朝鮮つながりの暴力集団の場合も同様です。


 なめくじには塩をかけ。ハエや蚊にはフマキラーをサッとひと吹きするのと同様、良識層方々のお身近に類似例が有れば、相手が在日。通名者であろうとも億尾にかけず、全国で勇気ある告訴、告発をと。皆様にこう問いかけたく思います。
----------
付記 「言わずが美徳」は通用しない対外事情 
付記 区別は「差別」に非ず

----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。夕食に「たまごうどん」を作って食べました。美味しかった。さらに問いかけの稿を増やしてまいります。盛大なるクリック応援をお願いし、ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を 

20140425004
路傍にて(躑躅)(壁紙大判)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

【在日らの悪行に泣き寝入りしない日本を!】と思われる方はクリックを! 
20140420003

スポンサーサイト



| HOME | Next Page »