2013/04/29(月) 17:35:00 [明るいニュース]

20121210008
民主「無所属偽装」候補に圧勝

20130429010
参院補選、自民が圧勝 山口・江島氏 参院選に弾み
 安倍政権発足後、初の国政選挙となった参院山口選挙区補欠選挙は28日投開票され、自民党新人の前山口県下関市長・江島潔氏(56)(公明党推薦)が、民主党前衆院議員で無所属新人の元法相・平岡秀夫氏(59)(民主党、みどりの風推薦)ら3氏を破って初当選した。自民党は圧勝し、夏の参院選に向けて弾みをつけた。
-----
 参院で自民、公明両党の非改選議席は計59となり、夏の参院選で与党が過半数(122議席)到達に必要な議席は63議席となった。補選は、昨年の衆院選にくら替え出馬し当選した自民党の岸信夫氏の参院議員辞職に伴って実施された。以上、冒頭より/讀賣新聞 平成25年4月29日朝刊 記事(切り抜き)購入紙面(1面)より資料として参照
----------

ダブルスコアの圧勝

 本番の参院選(今夏)まで後約80日となった。その前哨戦とも位置づけられていた参院山口補選(28日投開票)で、新人の江島潔氏(元下関市長)が、平岡秀夫氏(民主党政権下での元法相)、他二候補に圧勝。「夏の参院選に向けて弾みをつけた」と報じる記事が表題である。江島新参議院議員のご活躍をお祈りしたい。

20130429011
参院山口補選開票結果(表題より)
----------

平岡秀夫氏の“再起”ならず

 二位となった平岡秀夫氏の場合だが、こちらも参院選へ向けてのケーススタディになろうかと拝察する。紙面は「民主党は、党籍がある平岡氏を無所属で擁立して全面支援したが大敗し、党勢立て直しの契機とすることができなかった」とし、「無所属偽装」が党是であることを露呈している。

 ついこの間まで、朝鮮大学校で祝辞を述べたり、外国人参政権や人権侵害救済法案を推進していた民主党きっての闇法案推進・国籍不明派であり、斯様な人物が「無所属」で登場するそれ自体もそもそもの出鱈目に映るが。

 柴山昌彦、稲田朋美各議員からその「正体」を厳しく追及され、不要な手もみとうすら笑いで誤魔化しの答弁に明け暮れたステキな国会答弁も有った。
-------
平岡法相「通常国会には」考 2011/10/28 
-------

 「朝鮮人民主党(当ブログ命名)」の残党が、宗主国の便衣兵さながらに「無所属偽装」する。この平岡氏と同じようなケースが参院選で多々出現するだろう。その際、たとえ無所属で出馬するとしても、そのおぞましさは、偽装生活するオウム真理教の隠れ信者と本質的に同じである。「本当はこの人も民主党」リストを掲載し、心温かく“応援”したく思う一人である。心ある有権者の皆様には、どうか、間違っても騙されないようお願いしたい。
----------

「自公」ではなく、自民単独で過半数を

 紙面には、「参院で自民、公明両党の非改選議席は計59となり、夏の参院選で与党が過半数(122議席)到達に必要な議席は63議席となった」としている。だが、「自公両党」と謂うよりは、自民単独で過半数を取る気概と戦略が必要不可欠だ。

 現時点では、それも決して夢では無いほどの高支持率を安倍政権は維持しているが、残り約80日間はまったく油断ならず、この約80日間こそ「正念場」と認識してよい。

平成25年4月29日
----------

■ 国思うアンケート

【第2回】次期参院選(比例区)でどの政党に投票しますか?  
----------

■ 主な関連稿

不適格「平岡法務大臣」拝考 2011/11/27 
----------

  みなさまにはお忙しい中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。国害と指摘すべき事柄に取り組む当ブログへの応援をお願いし、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!                               

20130429001                                 
路傍の壁紙(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!

http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【参院でも自民単独過半数を!】と思われる方はクリックを!↓
20121210008