2012/06/13(水) 23:19:07 [特亜犯罪]


「無職」「グループ」化した「亜」が存在しない日本を

20120613002
他人のカードでチケット購入 ローソンで7千万円分、容疑の中国人5人逮捕
  他人のクレジットカードを使ってコンビニエンスストアでチケットを購入したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は、詐欺の疑いで、いずれも中国籍で埼玉県川口市飯塚、無職、江雄容疑者(24)ら男5人を逮捕した。産経新聞Web)6月13日付記事より参照のため引用/写真は産経新聞同記事より資料として参照のため引用
----------

キーワードは「無職」「グループ」

 表題の「いずれも中国籍」の五人が、それぞれいかなる事由でこの日本に滞在して来たのか。不法滞在、不法残留の経緯は無いのか、どうか。もしも、幾分かの心が残るメディアが存在するのであれば、記事にしていただきたく思う。

 そもそも、この日本は彼らにとって「外国」のはずだが、しかし、何故、「無職」の支那人が群れをなして存在しているのか。それ自体がおなしなことではないのか、犯罪予備軍となる可能性有りとみなして粛々と帰国させる方途は無いのかと。地道で微々たる存在ながらも、国思う調査隊(敷島民間防衛隊の前身)以来続けて淡々と来た調査活動の中で、折々に、当局、地方メディアをはじめ、関係者、一般住民の方々に問いかけて来た次第である。

 キーワードは「無職」「グループ」。さらに、表題のような集団的な犯行をなす者たちに、年齢的に観て二十~四十代が多くを占めている。本来、本国でも働き盛りの年齢層に有る者たちが、何故、外国(日本)でブラブラして悪事を働くのか。その裏で必ずと謂ってよいほど相次いで被害に遭い、場合によっては犠牲となる日本国民が存在しており、それ自体が国害であり、真面目に暮らす不特定多数の脅威である。
----------

ブラブラ「亜」人の生態を調査

 表題の支那人のみならず、次いで外国籍者の犯罪検挙数では、常に、一、二位を分け合って来た朝鮮人もまた然りである。生態的には、各方面から指摘されて来た通り、集団・組織化しての偽造や窃盗、暴行、農園荒らし、危険物の不法投棄などが目立つ。たとえば、他人のカード番号やリサイクルに出された段ボールに添付されたままの伝票に記される個人情報など盗み出すのは“お手のもの”である(段ボールや封筒などの廃棄にはくれぐれもご留意を。見知らぬ賊から電話がかかって来る場合も有ったため、差出人筆者のものも、そのまま捨てないでいただきたい)。また、街角で獲物とみた婦女子、無防備な通行人を標的とすることくらいは“朝めし前”である。

 情報収集・獲物目つけ役と犯行実行役、逃走幇助役、もみ消し役など、「グループ」にはそれぞれの“適任者”がおり、悪事に関しては巧妙極まるほどに“精密”な動きをする。いざ、不都合になれば“人権”を守ってくれる市民団体や同系の書士らも彼らの“強い味方”である。さらには、すべてが「そうだ」とは謂わないが、ほとんど同系の客しか出入りせず、一部の開店休業状態とも謂えそうな街々の“中華料理店”“朝鮮料理店”“通名教会(通名サティアン)”なども、その“コミニティ”の形成に一役買っているであろうことは推察に難くない。
----------

マシな政権になった暁には

 敷島民間防衛隊では、関東六県内での知り得る限りの情報をまとめており、遠からず、少しはマシな政権が誕生すればだが、協力を仰げそうな次政権の閣僚、議員殿のもとへ、座長を先頭に実態報告を兼ねた陳情に出向くつもりである。ケースバイケースの在留資格の抹消とその基準の厳正化、および「亜」に特化した観光誘致政策の見直しと入国制限の設置を検討すべきである。「ヤード」はすべて摘発し、捜査対象にすべきであり、法律上「そこにはいないはずの不法者」を悉く帰還させるべきだ。

 主権国家ではごく当たりのことであり、以上が解決への端路に乗れば、どれほどの国民の安全と生命と財産、および名誉が護られることに通ずるか、心有りそうな「公」の関係諸兄には、痛いほど実感いただきたい事柄でもある。併せての、カルトの殲滅と、捏造史観、カルトの毒害をもきちんと教える教育の確立を、座長を先頭に粛々と問うてまいりたい。小規模であっても、純然たる敷島の心を集約した国思う学校の設置は、以上への断固としたアンチテーゼでもある。
----------

【筆者記】

 「亜」の不法者には決定的な弱点が数多と有るので、本年、「粛たる民間防衛の基礎知識」「基礎からわかる民間防衛」(仮題)の冊子など作り、心有るみなさまへお配りするのも一つかと考えている。七月の報告会には間に合うかもしれない。
----------

日本は毅然とあれ!

20120613001
路傍にて(筆者)
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓【特亜の犯罪から日本を護ろう!】と思われる方はクリックを! 
20140420003 



スポンサーサイト



| HOME |