2011/11/01(火) 21:56:40 [民主党/国籍不明政党]

20101230077 



献金は、議員の“実務環境”の実態を物語る

20110902001
献金は千葉の韓国人=野田首相事務所
 野田佳彦首相の資金管理団体が在日外国人から献金を受けていた問題で、首相の事務所は1日、献金した2人は千葉県船橋、松戸両市に住むいずれも韓国人と明らかにした。事務所によると、船橋市在住の韓国人から2000年から06年までの7年間で計26万1000円、松戸市在住の韓国人からは1998年、99年、03年に計21万円を受け取った。時事通信(Web)11月1日付記事より参照のため抜粋引用/写真は民団行事(韓国大使館主催「韓日友好と国際交流の集い2009」)での野田佳彦氏の挨拶動画)より資料として参照のため引用
----------

議員の“実務環境”の実態を物語る

 菅直人氏や前原誠司氏の外国人献金の事例を拝察すれば、受ける献金は国会議員の“実務環境”の実態、その一端を物語るものであることが判る。表題は、「野田佳彦首相の資金管理団体が在日外国人から献金を受けていた問題で」として、「首相の事務所は1日、献金した2人は千葉県船橋、松戸両市に住むいずれも韓国人と明らかにした」と報じる記事(時事通信)である。

20111101006 

時事通信(Web)11月1日付記事より
-------

 首相の事務所が自(おのず)から明らかにした(要旨)としているが、前原氏のケースもまた同様であった。持ち上がる指摘に応じて自ら明らかにする。そのスタンスには一つの“潔さ”を拝察し得るが。しかし、当該の議員諸氏の外国籍者団体との浅からぬ関係性からすれば、そうした「返金」「報告書訂正」の部分は実は氷山の一角であり、たとえば、第三者による精査のメスが入れば、まだまだゾロゾロと事例が露呈するのではないかと。こう観ておられるみなさまも少なからずおられることかと思う。
----------

千葉民団との浅からぬ関係

 あるいは、多くのみなさまがすでにご存知のことかと思うが、先稿では、野田氏が財務相を務めておられた時(平成21年9月)のものだが、こともあろうに、一国の閣僚の立場にありながら千葉民団の行事に出席し、親韓の“ご挨拶”を述べておられる動画を紹介させていただいた。まして、一過性の出席というよりも、年々通津にこのように民団に接しておられる、大丈夫か、との指摘もまた絶えない。ということは、国会議員としての、野田氏の“実務環境”の中には民団(在日本大韓民国民団)が確かに存在している、と認識して差し支えない。

 いわば、その“実務”の中で、在日南朝鮮人からの献金事例が露呈したとしても、「たまたま」や、「知らなかった」ではとても“説明”し尽くし得ない「必然性」の“背骨”が通っている、とみなしてよい。さらに、南朝鮮の団体(民団)には、5万人もの北朝鮮国籍者が存在している、との韓国紙の記事を先稿で紹介させていただいたが、関わる情報が事実とすれば、表題の「韓国人」は本当に韓国人なのか。今後も露(あらわ)になるかも知れない後続事例への正確な対処のためにも、その“国籍”の実態についても精査する必要があろう。

 また、当該の献金者が「韓国人」であったとしても、不法占拠している竹島の軍事拠点化を国策とし、虚構に満ちたファッションショーまで開催する侵略国の国籍者が、かくも親韓議員らを通じて政治に関与、干渉している実態が、果たして国益に適うものなのか、どうか。その本質を問うべきではないか。
----------

■ 与党関連、最近の主な記事:

平岡法相「通常国会には」考 2011/10/28
民主議員「韓流美女と育む二重生活」拝考 2011/10/24
報道「野田内閣、支持率が55%に」考 2011/10/10
首相言及「訪朝の可能性」拝考 2011/10/08
延長なし「歳費削減」考 2011/10/07
----------
野田首相「朝霞宿舎の建設凍結へ」拝考 2011/10/03
野田首相「外国人参政権には慎重」拝考 2011/09/26
鉢呂氏「放射能うつす」拝考 2011/09/10
あの時の警鐘 (復刻) 2011/09/10
山岡氏「マルチ企業献金」考 2011/09/08
-----
野田「暴力団内閣」考 2011/09/08
政府与党「9月の偽装」考 2011/09/07
闇法案「賛同」に連なる野田佳彦氏ら 2011/09/06 
朝鮮人民主党20 2011/09/02 
仮装保守「野田佳彦氏」選出 2011/08/29 
---------- 
 

瑕疵なき議員が引きずり下ろされ、悪党が生き残る

 引き合いに出して誠に申しわけないけれども、一昨年、亡くなられた中川昭一氏には、今般の民主党諸氏に問われる違反、瑕疵の類は一つもなかった。唯一、不明朗に失した会見が大きく報道され、なおも「個」を圧殺するかのように大報道され、実質的な政治生命を断たれたのである。その時に“正義”の仮面を着けるかのように、責めに責め立てていた民主党の諸氏こそが、実は、潔しを本分となす日本人のメンタリティからかけ離れた悪党(亜駆盗)だった、のである。

 表題の“自己申告”は、もっと大きな嘘がばれては困る。膿を出すまい、との意図からの、事前のアリバイ工作にも映ってならない。事例もまた「氷山のごく一角」に過ぎない可能性は否定できない。以上の視点を一つのご参考にメディ「亜」の“ニュース”をご覧になれば、またぞろ新たな事例が世に出た時も、闇政権とそれを“支える”悪党の体質をさらにお読み取りいただけるものかと思う。総選挙を。
----------

■ 主な与党関連記事(つづき): 

前原氏「訪朝記念写真」考 2011/02/21 
隷中ゴルフ「民主4人組」考 2010/12/02  
今度はソープか、民主党 2010/09/22 
蓮舫氏自宅・X社の表札 2010/07/22 
蓮舫氏「事実隠蔽」考 2010/06/17 
国賊と毎日新聞 2010/06/11 
-------
荒井大臣「事務所実態無し」考 2010/06/09 
民主「小林議員進退」考 2010/03/23 
鳩山夫人「公邸私物化」考 2010/03/20 
輿石氏農地「違反転用」考 2010/03/12 
日教組の政治癒着 2010/03/04 
-------
仙谷氏「窃盗体験を語る」 2010/03/01 
民主「風俗に税金を遣う」の巻 2009/09/30 

(沢山有り過ぎるので、この辺で)
----------

【筆者記】

 有志から、盗賊の巣窟「ヤード」外壁のポスターに野田氏が登場、との情報をいただいている。以前の鳩山由紀夫政権、菅政権が国民から見放された時期もそれぞれの尊顔が入ったポスターが外壁で“頑張って”いたが、今度は野田氏か。事実とすれば、民主党の“実務環境”には盗賊まで存在している証左となろう。機会があれば義広カメラで粛々と撮(うつ)し、報告させていただけばと思う。
----------

 読者のみなさまには、ご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき有難うございます。先祖代々の日本人本来の品性と、正直に生きてごく当たり前の筋道に照らし、「おかしい」「変だ」と洞察していることをみなさまと共有させていただき、その病理を問う。これが博士の独り言のスタンスであり、この視点は今後も不変です。 日本人の多くが、思想、信条の面で団体や集団に属さない存在であり、私と同じ立場におられることを幸いに思います。ごく普通の日本人が、ごく当たり前の「言」を発して行く。事実を即した、その共有が広がり行くことを願って止みません。応援くださり、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝申し上げます。
----------

日本は毅然とあれ! 
         

20111101007          
路傍の空 (筆者) 
----------

人気ブログランキング 

↓闇政治から護ろう、先祖代々の日本!
banner02  


スポンサーサイト



| HOME | Next Page »