2014/04/15(火) 13:50:00 [付記事項]

付記
国際表記にもとづく「支那」「朝鮮」表記


 当ブログ(*1)、ならびに敷島調査隊ブログ(*2)は、「支那」、「朝鮮」との表記を用いています。一例として、「韓国」は、国際表記では「南朝鮮(South Korea)」であり、同様に「中国」は支那(China)です。「韓国人」、「韓国語」も即して正確に表記すれば「朝鮮人(Korean)」、「朝鮮語(Korean Language)です。

 たとえば、「フランス人」、「イタリア人」、「アメリカ人」等の表記と同様に、「支那人」、「朝鮮人」との表記を用いる方が事実認識がより正確になることは謂うまでもありません。一部で謂う“差別”などには該当せず、たとえば、「ドイツ人」、「スペイン人」との表記と同様に、国籍本国をそれぞれ区別しての表記に他なりません。
 
 以上、今後の、ブログ小稿への折々の添付のための付記事項の明示で恐縮ですが、本来、敷島人に在るべき「正確な表記」確認と使用の一環としてご理解いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いします。辛抱強く応援くださるみなさまに心より感謝申し上げます。
-------

Note:

*1. 当ブログとは「博士の独り言」「博士の独り言 II」「博士の独り言 闘魂編」。
*2. 敷島調査隊ブログとは「博士の独り言 - 日本防衛チャンネル」。

----------

国体の護持と弥栄を!


20140415005
敷島の桜花(平成26年) 島津義広 撮影
----------


携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008


↓「支那」「朝鮮」表記で!と応援くださる方はクリックを!
 

20140420003   

2014/04/15(火) 13:40:00 [付記事項]

付記
「個」と「公」の立て分けと敬称付け

 国会議員や政党、官公労、宗教法人など「公人」「公的組織」に対する指摘、指弾をなすことは有っても、「個」に即する「私人」や「個」のブログはその対象としない。当ブログ(*1)、ならびに敷島調査隊ブログ(*2)は、この姿勢を不変の是とし、稿中に登場するいかなる「個」に対しても最低限の敬称を付し呼び捨てにしません(*3)。この尊厳を守り抜くスタンスを基本としています。

 あえて「個」を取り上げる時は、たとえば、書籍やブログの紹介、事績の紹介など、ポジティブに、その「個」の優れた点、尊敬できる点など、ポジティブな要素を記すことを基本としています。以上は、敷島人本来のメンタリティに本然的に在るべき流儀であり、道であり、これらを守ってこそ、個々それぞれに言論を発する価値がある、とそう問いかけています。

 一方、「公的組織」「公人」に対する事実に即した指摘、指弾は「悪口」「中傷」の類ではなく、むしろ、不特定多数の日本人、ひいては日本の国益を守るために、さらに掘り下げて事実を共有するために不可欠な一つ一つと位置付けています。

 以上、今後の、ブログ小稿への折々の添付のための付記事項の明示で恐縮ですが、本来、敷島人に在るべきモラルの一環としてご理解いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いします。辛抱強く応援くださるみなさまに心より感謝申し上げます。
-------

Note:

*1. 当ブログとは「博士の独り言」「博士の独り言 II」「博士の独り言 闘魂編」。
*2. 敷島調査隊ブログとは「博士の独り言 - 日本防衛チャンネル」。
*3. 呼び捨ては、侵略国、国害勢力、賊敵らにむしろ口実を与える要因にもなりかねないため、敷島人良識においては厳に慎むべき一つと位置付けています。

----------

国体の護持と弥栄を!

20140415004  
敷島の桜花(平成26年) 島津義広 撮影
----------
 
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008


↓立て訳は必要!と応援くださる方はクリックを!
 
20140420003   


2014/04/15(火) 13:25:00 [付記事項]

付記 
オリジナリティの保持と出典明示を厳守

 当ブログ(*1)、並びに敷島調査隊ブログ(*2)では、オリジナルの写真、調査記録、論考。考察をメインに報告しています。敷島の研究者(*3)の不変の是として、いわゆる出典明示と事前の検証を最重視しています。他、検証無き安直なまでの「拡散」宣伝についての掲載依頼の問合せを頻繁にいただくことが有りますが、要検証のため直(じか)の掲載は避けるようにしております。

 以って、例外的な是として来たブログや動画の紹介以外は、参考資料としての購入紙面(ならびに誌面)、参照のために一部引用させていただくネットニュース(URL添付、ならびに同じく参照のために引用を可とするサイトも有り)と購入記事の他は、自方(民間防衛隊によるものを含む)のオリジナルの写真で賄うようにしております。そうして真の「事実」の精査、周知がはじめて可能になるからです。

 以上、今後の、ブログ小稿への折々の添付のための付記事項の明示で恐縮ですが、本来、敷島人に在るべきモラルの一環としてご理解いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いします。辛抱強く応援くださるみなさまに心より感謝申し上げます。
-------

Note:

*1. 当ブログとは「博士の独り言」「博士の独り言 II」「博士の独り言 闘魂編」。
*2. 敷島調査隊ブログとは「博士の独り言 - 日本防衛チャンネル」。
*3. 敷島研究者とは島津義広。

----------

国体の護持と弥栄を!

20140415003
敷島の桜花(平成26年) 島津義広 撮影
----------


携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008


【オリジナリティと出典明示は必須!】と応援くださる方はクリックを!
 
20140420003   


« Prev Page | HOME |